ユナイト 飯島畳店

リフォーム、内装工事、設備工事、住宅リフォーム、畳工事の事ならお任せ下さい。地域密着営業で皆様の家作りをお手伝いいたします。

HOME»  畳表

畳表

産地の違い

産地等 特徴
国産表 全国十数か所で生産されており、色調、光沢、地合いそれぞれ地方によって様々です。
中国産に比べ自然な色合いで蘭草にねばりがあり耐久性があります。価格は中国産より高くなりますが、普及品から特選品まで豊富にそろっています。
中国表 国内消費価量の約8割を占める外国産畳表です。価格が安いことから急速に使われるようになりました。全体的な品質は中~下物が中心で、集合住宅や賃貸住宅等に多く使用されています。
国内産との蘭草の取り扱いの差などから耐久性は低く、色合いを統一するためにほとんどの畳表に着色料が使われており、自然の風合いに欠ける物になっています。
しかし近年では、日本の蘭草を中国に運び栽培、日本の企業の技術指導により上質な畳表も作られるようになってきています。
化学表 天然の蘭草を使用せず、全くの新素材を使って畳表風に仕上げた製品です。
原料はメーカーによって様々ですが、天然の和紙やポリプロピレンを原料としているものもあります。従来のイグサ畳表にくらべ耐久性が有り、変色もほとんどなくダニやカビの発生も抑えます。また工業製品であるため商品ごとのバラつきがなく常に安定した品質と価格を提供できます。
ただ天然のイグサ畳表に比べ自然な風合いや色合いに乏しく特有の香りもありません。また価格の面でも割高になります。

 

経糸の違い

特徴
綿二芯
(糸引き表)
経糸が綿糸で織られている畳表、経糸が綿のため伸縮性が高く切れ易いため、イグサをあまり織り込めず目詰まり感が少ない。
その分イグサ特有の効能も少なく耐久性も低い。低~中級品に多く使われています。
麻二芯
(麻引き表)
経糸が麻糸で織られている畳表。綿に比べ耐久性に優れ比較的良品が多く、国産表によく見られます。
綿麻四芯表
(綿W表)
経糸が麻と綿で織られている畳表で、下級品から上級品まで幅広く、イグサの質や織り方によって価格評価も様々です。
上級品になると良質のイグサのみが使用され色合いもよく上品な美しさがあり耐久性もありますが、下級品に至っては糸引き表の上級品にも劣るものもあります。
麻四芯表
(麻W表)
経糸が麻糸二本で折られており、畳表の中でも高級品のものにしか使用されていません。中でも広島県産備後表の動力長髭表は最高級品として有名です。

 

その他

種類 特徴
竜髭表 床の間に使われる事の多い特殊な畳表。何日も天日にさらして赤みが出るようにしていますので、普通の畳表に比べてかなり色合いが異なります。
手間と時間がかかるので非常に高値で取引されていますので、最近ではあまり使われていないようです。
琉球表 七島イ草で織られた高級畳表です。七島イ草とは、元々琉球で栽培されていた断面が三角状(普通のイ草は断面が丸)になっている特殊なイ草で、普通のイ草と違い泥染めをせずに乾燥した上で織られ、見た目も普通のイ草とはかなり異なります。
目が粗く非常に強靭な畳表で主に縁無畳に使用されます。
目積表 普通の丸イグサを使用して琉球表と同じような織り方で、主に縁無畳に使用される事の多い目の細かい畳表です。
琉球表に比べ見た目のよさと比較的リーズナブルな所から一般に広く使われているようです。
化学表 天然の和紙を使ったい草に変わる新素材。

 

お問い合せ

お問合せ・お見積